ジブリに登場する魅惑のご飯!映画ごとの美味しそうなご飯は何?

ジブリに登場する魅惑のご飯!映画ごとの代表飯は?

スタジオジブリといえば、

言わずと知れた有名なアニメーション映画スタジオ。

 

その中でも、

宮崎駿作品はどれも有名になり、

『千と千尋の神隠し』は、

興行収入ランキングでも長期間1位の座を譲りませんでした。

 

その千と千尋の神隠しの中でも、

特に興味を持たれていたのが、

『両親の食事のシーン』ですよね。

 

何を食べているかわからないのに、

ものすごく美味しそうで、

しゃべることもせずに食していく両親の姿には、

ある意味の怖さを覚えた方も多いと思います。

 

そこで、ジブリの宮崎駿監督作品の中で、

どのような食事があったのか、

公開日順に見ていきたいと思います。

 

『風に谷のナウシカ』(1984年)

ナウシカにはほとんど食事をするシーンはありません。

唯一、深いのそこに落ちたときに、

『チコの実』

という木の実をアスベルと一緒に食べるところぐらいです。

Twitterを見ても分かる通り、

チコの実は、クコの実と勘違いされている方が多く、

ナウシカを見ていた方は、

ハッとさせられたのではないでしょうか。

ちなみにクコの実は存在せず、

チコの実は、

バーミヤンに出てくる、

『オーギョーチ』に入っている赤い実です。

『天空の城ラピュタ』(1986年)

天空の城ラピュタは、

食事のシーンはさほど多くはないものの、

美味しそうなご飯がいくつかあります。

 

その代表的なものといえば、

目玉焼きをのせたパン、

通称『ラピュタパン』です。

この他に、画像にも乗っていた、

海賊のボス、ドーラの食べている肉。

パズーの家にあった肉なので、

パズーが食べようとしていたものでしょうが、

ここまで豪快に食べられると、

すごくおいしそうに見えます。

他には、

パズーが親方に頼まれて、

町で親方の夜ご飯をお店で買った、

肉団子入りのスープ。

他にも、

シータが海賊船内で作っていた、

大量のスープなどがありました。

『となりのトトロ』(1988年)

となりのトトロでも食事のシーンはほとんどありません。

唯一見つけたのは、

さつきがお父さんとメイにお弁当を作ってあげていて、

そのメイにあげたお弁当のシーン。

メイが瞳をキラキラさせて喜んでいるところが、

いいですよね。

『魔女の宅急便』(1989年)

魔女の宅急便は今までの作品に比べて、

少し多めの食事が出てきています。

代表的なものは、

キキが青い屋根の家に住んでいる奥様の孫に配達を頼まれて作った、

ニシンのパイですよね。

この他には、

同じ奥様からキキが落ち込んでいるときに頂いた、

キキのチョコケーキがありました。

これ以外にも、

キキが一人暮らしを始めて作ったパンケーキや、

キキが風邪をひいて弱っているときに、

おソノさんが作ってくれた、

おいしそうなミルク粥がありました。

『紅の豚』(1994年)

紅の豚も食事のシーンはあまり多くありませんが、

ジーナのお店がレストランを経営していたこともあり、

そこでの食事シーンや、

飛行艇を作っている時に、

親族みんなで食事をしているシーンの際に、

出てくるスパゲティなどがありました。

他には、

 

『もののけ姫』(1997年)

もののけ姫は、食事のシーンはほぼありません。

何しろ時代設定が昔の為、

豪華な食事などは出てこず、

道端でさっと食べるようなものしか出てきません。

 

ですが出てきたものといえば、2つ。

サンがアシタカに口移しであげていた、

乾燥肉。

もう一つは、

ジコ坊がアシタカの持っていた米で作った、

お粥がありました。

『千と千尋の神隠し』(2001年)

千と千尋の神隠しは、

言わずと知れた食べるシーンが話題にもなった映画。

 

冒頭でも述べましたが、

千尋の両親の食事シーンは圧巻でした。

 

ただ、食事のシーンとしてはそこまで多くありません。

 

では早速見てまいりましょう。

まずは、神様の世界に入ってしまった直後に、

神様のための食事を勝手に食べるシーン。

 

たくさんの食物が画面に所狭しと並びますが、

やっぱりお父さんのシーンが一番気になりますよね。

ちなみにですが、この正体は、

台湾の料理の『バーワン』というものらしいですよ。

次は、

ハクが千尋にくれたおにぎり。

予想以上に大きなおにぎりを、

一気にほおばる千尋はすごい!

次はカオナシの食事のシーン。

邪悪Verの時と、

おとなしいVerの時があります。

あとはかわいいところで、

まっくろくろすけみたいな煤の神様?の、

こんぺいとうのシーン。

めっちゃ喜んでてかわいいですよね!

『ハウルの動く城』(2004年)

ハウルの動く城も序盤は食事シーンはありますが、

多いとは言えません。

 

まずは、ハウルがカルシファーの炎で、

調理したベーコンエッグ。

マルクがおいしそうに食べるのが、

食欲をそそりますね!

『崖の上のポニョ』(2008年)

ポニョも物語の内容のせいか、

ほとんど食事のシーンはありません。

 

見つけたシーンは2つ。

まずは、ポニョを見つけてサンドイッチを食べるシーン。

もう一つは、

ポニョと宗助が一緒にラーメンを食べるシーン。

シンプルなラーメンがおいしそう!

『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)

借りぐらしのアリエッティも食事のシーンは少なめ。

唯一あるのは、

家族で食事をしているシーン。

 

パンの上にチーズをのせて焼いたものや、

シチューのようなスープ。

洋食のオーソドックスのような食事ですね。

『風立ちぬ』(2013年)

風立ちぬでは細かいところで食事のシーンがありました。

昭和初期という時代設定もあってか、

懐かしさもあり知らないものもありの、

食事がたくさん出てきました。

 

まずは、サバ定食。

今でも普通に食べられる、

定食の定番ですね。

次は、知っている方は少ないかもしれませんが、

シベリアです。

昔はよく売られていたらしいですが、

今ではごく一部の場所でしか見かけないみたいです。

 

今ではミニバージョンが売っているようですが、

本物は結構大きいらしいですよ。

他には、軽井沢のホテルで、

カルトプスが食べていたサラダ。

まぁこれは食事というよりは、

鉢に植えられた草ですよねwww

以上がジブリ映画に出てきた、

映画ごとの代表作です。

 

気になる食事はありましたでしょうか?

 

映画ごとに見てみると、そんなに多くないかもしれませんが、

いっぺんに見てみると、

結構ありますね~。

 

それぞれの好みで作ってみたり、

探してみるのもアリですが、

世の中の方たちはどんな食事が気になっているのでしょうか。

 

ここで気になるご飯がランキングになっていたら、

面白いと思い、ランキングを作成しましたので、

こちらの記事も参照ください!

 

ジブリ映画の気になるご飯ランキングへ

最新情報をチェックしよう!