神戸市ネットモニター

2019/12/24

【調査結果】子育ての魅力発信プロモーション「KOBE子育てCollection」について

Logo
調査期間    令和元年10月29日(火曜)~11月11日(月曜)
設問数     全9問(分岐設問除く)
対象モニター数 5,515名
回答モニター数 3,334名(60.5%)

 神戸市では、令和元年9月より神戸における子育ての魅力発信プロモーション事業「KOBE子育てColleciton」を行っています。プロモーション事業実施にあわせて、ネットモニターの皆さまのご意見及び認知度などをお伺いすることにより、今後の子育て施策に関する広報を検討していく上で、参考とさせていただきたく、アンケートを実施しました。
 「KOBE子育てColleciton」を知っているかという質問に対し、知っている、またはロゴやポスターを見て、プロモーション事業自体を認識された方は約2割にとどまりました。知ったきっかけは、広報紙10月号が約7割と最も多く、そのほか、子育て応援サイト「ママフレ」、JR快速停車駅や阪急西宮北口駅での駅貼りポスターが多いことがわかりました。
 「KOBE子育てColleciton」のWEBページを一度ご確認いただいた上で、好意を持ったかという質問に対して、「好意を持った」と答えた方は約5割であり、どういうところに好意をもったかという質問については、「子育て施策がわかりやすい」「市が子育てを応援しようという気持ちが伝わる」という回答が多くありました。一方、「好意をもたなかった」と答えた方は約1割で、その理由としては、「知っている情報ばかりである」「他都市と比べた神戸市の優位性がわかりにくい」という回答が多くありました。
 また、8つのカテゴリーのうち、最も魅力的に感じたカテゴリーについては、「休日夜間の急病でも安心」「仕事と子育て両立支援」「親子で遊べる施設がいっぱい」「出産前後もしっかりケア」が上位を占めました。
 WEBページを見て、初めて知った施策があるかという質問に対し、「ある」と回答した方は約5割であり、今回のプロモーション事業を通じて、子育て施策を知っていただけたと同時に、神戸で実際に子育てされている方の声を交えて施策を紹介する手法については、「共感できる」「施策を利用する際に参考になる」と答えた方は約9割いたことから、プロモーションの内容そのものに関しては、おおむね好印象であったことがわかりました。
 今回のアンケート結果をもとに、より多くの方々に神戸で子育てする魅力を知っていただき、子育て施策を利用していただけよう、今後も広報に努めていきたいと思います。