神戸市ネットモニター

2018/03/27

【調査結果】運動・スポーツに関して

%e3%81%8b%e3%81%91%e3%82%8b%e3%81%8f%e3%82%93
平成29年10月3日(火曜)~10月16日(月曜)
20問(分岐設問除く)
対象モニター数3,061名
回答モニター数 2,167名(70.8%)

 本市では、地域の特性や現場のニーズに応じたスポーツ施策を主体的に実施するため、スポーツ施策の指針となる「神戸市スポーツ推進計画(仮称)」の策定を検討しています。
 計画策定の参考にするため、市民のみなさまのスポーツ実施の現状やニーズ、ご意見等をお伺いしました。
 問4でお伺いした、「1年間の運動・スポーツ実施日数」について、「週に5日以上」 「週3日以上」 「週に2日以上」 「週に1日以上」 を選択した方を合わせた、「週に1日以上運動・スポーツを実施している」方は、全体で36.7%でした。問4-3の「運動・スポーツの実施場所」では、「公園」「自然環境」「道路」など身近な環境が上位を占め、問4-4の「運動・スポーツの種目」では、「ウォ―キング」「体操」「トレーニング」と、個人で気軽に行えるスポーツの割合が高くなっています。
 一方、問4で「運動・スポーツをしなかった」と回答した方は24.7%で、問8でお伺いした「運動・スポーツの実施状況と今後の予定」について、「実施しておらず、するつもりもない」と回答した方が29.7%にも上っています。
 運動やスポーツを週1日以上実施する方を増やし、運動やスポーツを実施しない方の割合を減らすことを目標に、アンケート調査結果やいただいたご意見を踏まえ、取り組むべき課題を明確にし、市民の皆さまの運動・スポーツ実施を推進するための方策を検討してまいります。

※今回の調査は、国が第2期スポーツ基本計画策定時に、スポーツの実施状況等に関する国民の意識を把握し、施策の参考とするために実施したアンケート調査(平成28年度「スポーツの実施状況等に関する世論調査」)を参考に実施しました。
国における調査結果と比較しながら、神戸市の現状に合った施策を検討していくため、調査票の内容や分析方法は国が実施した調査に準拠しています。