神戸市ネットモニター

2017/08/10

【調査結果】神戸国際フルート音楽祭・くらしの防災ガイド・住宅耐震化の取組み

Jutaku
実施期間 平成29年 6月13日(火曜)~6月26日(月曜)
設問数   14問(分岐設問除く)
対象モニター数 3,009名
回答モニター数 2,137名(71.0%)

<神戸国際フルート音楽祭> P2~8
 「フルートのまち神戸」の魅力を発信するとともに、「神戸国際フルートコンクール」の市民への浸透・還元を図るため、平成29年3月18日から6月11日まで開催しました「神戸国際フルート音楽祭」について、お伺いしました。
 同音楽祭、コンクールの認知度は48.2%でした。平成27年7月の同調査では26.8%でしたので、同事業の認知度は大きく向上したことがわかりました。
 来場者に感想をお伺いしたところ、「大変良かった」「良かった」という回答が92.3%を占め、良かったと思われる点としては、66.7%の方が、まちや駅などの会場で気軽に音楽を聴けたことをあげられました。
 また、同コンクールに絞り、今後の開催についてお聴きしたところ、46.7%の方から「今後も開催されれば、行ってみたい」というご意見をいただきました。
 今後、様々な方々からご意見をお伺いし、コンクールを含めた音楽祭の総括を行ってまいります。
 このほか、神戸開港150年記念として、神戸港や神戸空港を舞台に本年9月16日から10月15日まで開催する「港都KOBE芸術祭」についてお伺いしました。
 芸術祭の認知度は16.1%でした。また、芸術祭に「行ってみたい」と回答された方は43.9%で、そのうち、71.5%の方から「神戸港を散策しながら作品を鑑賞したい」という回答をいただきました。
 今後、「港都KOBE芸術祭」に多くの方々に興味を持っていただきご来場いただけるよう、効果的な広報に積極的に取り組んでまいります。 
 
<くらしの防災ガイド> P9
 くらしの防災ガイドについて、約8割の方がご覧になられており、「保存している」方が約7割という結果となりました。その中で、「保存版だと思わなかった」という意見がありました。
 くらしの防災ガイドは、梅雨に入る前の毎年6月初旬に全戸配布を行っており、市政情報室・最寄の各区役所(支出張所)・インフォメーションセンター等でも配布しています。

<住宅耐震化の取組みについて> P10~13
 もっとも身近な地震対策である家具固定に対する支援制度(補助制度及び家具固定専門員派遣制度)について、8割を超える方が知らないという結果を踏まえ、家具固定の重要性を認知していただくため、効果的な広報・啓発活動に努めてまいります。
 また、昭和56年以前に建てられた住宅にお住まいの方のうち、多くの方が耐震診断を受けられておりますが、その結果に甘んずることなく、引き続き、制度の周知徹底を図ってまいります。