神戸市ネットモニター

2015/10/01

【調査結果】ユニバーサルデザイン

Ud2
調査期間 平成27年8月12日~25日
対象モニター数 507名
回答モニター数 402名(回答率79.3%)

【調査結果概要】
神戸市では、「人にやさしい、人がやさしい」まちをめざして「ユニバーサルデザイン(以下、UD)」を推進しています。今後の施策の参考とさせていただくために、皆さんからUDについて、ご意見をお伺いしました。

<UDの認知度、普及啓発の手段について>
 神戸市では、これまで市の事業にUDの視点を取り入れると共に、UDフェア(UD製品や神戸市・企業・団体などのUDの取り組みを紹介する毎年開催のイベント)や、UD大学(UDの考え方や団体等の取り組みを知ってもらう市民講座)、小中学校の生徒への啓発を目的としたUD出前授業などを通して、UDの普及啓発を展開してきました。また、その際は市民や学識経験者等から構成された「こうべUD広場」の方々や関係事業者・団体等と協働で進めてまいりました。
 その結果、「UDという言葉も考え方も知っている」という方が前回実施時(平成25年7月:51.0%)よりも増え、認知度は6割を超えていることが分かりました。UDはその考え方をご理解いただいて、初めて意義があるものですので、今後もUDという言葉はもちろん、考え方の周知に、より注力していきたいと思います。
 また、普及啓発の手段については、神戸市が現在取り組んでいる事業が概ね有効であると評価されている結果となりました。今後も継続してこれらの事業に取り組むとともに、より有効な取り組みについても検討していきます。

 詳しい調査結果につきましては、「アンケート調査結果(PDF)」をご確認ください。