神戸市ネットモニター

2016/03/01

【調査結果】神戸市WEB番組による市政情報の発信

Kobedouga
調査期間  平成27年11月26日~12月9日
対象モニター数 724名
回答モニター数 468名(回答率64.6%)

神戸市では、神戸市ホームページとYouTube(ユーチューブ)でWEB番組の配信を行っています。神戸市長会見や市内で行われたイベント情報、観光情報のほか、市内で活躍する人や団体を紹介する番組など、月5~10回程度配信しています。WEB番組の視聴状況についてみなさまのご意見をお聞きして今後の参考にするため、アンケートを実施しました。

日ごろから、パソコンやスマートフォンで動画を見るかどうかについて、『見ている(「よく見ている」と「たまに見ている」の合算)』方が約9割という結果でした。また、神戸市のWEB番組を見ているかどうかについては、『見ている』方が約2割、「配信していることを知らない」が約7割という結果になりました。インターネット動画を見る人は多いにもかかわらず、神戸市のWEB番組については認知度が低いことから、神戸市ホームページのトップページをはじめ、メールマガジン、ツイッターなどでもWEB番組の配信開始を積極的にお伝えしていきたいと思います。

現在配信中の動画を見ていただいた感想としては、おおむね「分かりやすい」というご意見でしたが、「動画が長すぎる」というご意見もいただきました。1作品あたりどのくらいの長さが適当かという問については、「3分程度」が約半数という結果がありましたので、今後の番組作りにおいて参考にさせていただきます。今後配信してほしいテーマは、「市内のイベント情報」や「防災対策に関する情報」といった生活に身近な情報に多くの回答をいただきました。

今回のアンケート結果をもとに、より市民の皆さまに見ていただけるような番組内容、発信方法を検討し、魅力的な番組となるよう一層努めてまいります。

詳しい調査結果は、「アンケート調査結果(PDF)」をご確認ください。