神戸市ネットモニター

2017/03/14

【調査結果】都心の道路における新たな取り組み、ノーマイカーデーほか

1612 0
調査期間 12月13日(火曜)~26日(月曜)
設問数  9問(分岐設問のぞく)
対象モニター数 2,997名
回答モニター数 2,084名(69.5%)

①都心の道路における新たな取組み P.2~
都心の道路空間を活用して憩い・賑わいの場を創出する新たな取組みである「三宮プラッツ」と「KOBEパークレット」について、ご意見を伺いました。
まず、これらの新しい取組みについて、まだまだ認知度が低いことが分かりました。
「三宮プラッツ」については、「休憩スポット」としての機能が最も求められており、次いで、「イベント会場」や「カフェスポット」等の意見が多くありました。
「KOBEパークレット」については、「ベンチ」や「パラソル」、「花や緑」が必要とされており、また、約9割の方から「KOBEパークレットのような休憩施設が神戸の街にもっとあれば良い」という意見を頂きました。
この結果を踏まえ、これらの取組みの更なる展開に向けて、検討を続けていきます。

②ノーマイカーデー・エコドライブ P.10~
環境局では、これまでもイベント等でノーマイカーデー、エコドライブに関するアンケートを実施してまいりましたが、今回のネットモニターアンケートでは、イベントに来られない方も含め、幅広くご意見を伺うことが出来ました。
今回、「毎月20日はノーマイカーデー」の認知度をお聞きした所、「知っている」とご回答頂いた方は54%と、まだまだ認知度は高くないことが示されました。これらの方に、知った場所、媒体についてお聞きすると、それぞれ「駅(41.7%)」、「ポスターなどの掲示物(43.7%)」とのご回答が多く、今後は駅構内での掲示物による啓発にも積極的に取り組んでまいります。その他お寄せ頂いた多くの貴重なご意見も参考に、今後啓発活動等を行い、引き続き交通環境のさらなる改善に取り組んでまいります。

ご協力ありがとうございました。
詳しい調査結果につきましては、「アンケート調査結果(PDF)」をご確認ください。