初めに情報商材やノウハウを買うのは無駄そのもの。どうせなら先に正しい知識を。

こんにちは。

ホリです。

 

本日は、

皆さんが大好きな情報商材やノウハウについてざっくりご説明いたします。

今まで私が悩んでいた答えです。

 

もしかしたら、

読んでくださっているあなたも、

今回の記事を読んで、

少しでもわだかまりが溶ければ幸いです。

 

そのうえで、

どうして先に知識が必要かお教えしますね。

情報商材やノウハウは稼げるものはあるのか?

情報商材といえば、

『怪しい』

とか、

『詐欺』

みたいなイメージがありますが、

実はそうでもありません。

 

実際に稼げる情報のほうが、

多くなってきているのも事実。

 

ではなぜ、

悪いイメージがあるのでしょうか。

 

理由は、

少し前の時代のせいです。

 

どうい事かというと、

インターネトが普及し始めて、

ネットビジネスたるものが、

出始めました。

 

稼ぐことだけに特化した情報が乱立され、

その情報だけが独り歩きをして、

『この情報は稼げるぞ!』

とか、

『クリックするだけで簡単に1万円!』

とか、

甘いうたい文句だけで人が集まりました。

 

その情報にお金を払って情報を買い、

結局稼げないにもかかわらず、

『情報を発信した人だけの一人勝ち』

のような状態にもかかわらず、

『簡単に稼げる』という、

あま~~い誘惑に負け続け、

情報を購入する人たちが多くあったからです。

 

ネットが普及し始め、

そういう声が我々に届き始めたために、

悪いイメージが定着してしまいました。

 

確かに、

稼げない悪い情報があるのも事実。

 

しかし、

中にはきちんと稼げた情報もあることも事実なんです。

 

結局は、

情報を買っても実践しない、

購入者側の問題も大いにあるという事です。

いきなり商材やノウハウを買うのは稼げない典型!

ではどうして、

情報商材やノウハウはいきなり買うと意味がないのか…

 

それは、

『実践する側の人たちが、

その情報を実践するまでの知識がなく、

実践できる脳になっていないから』

です。

 

どういうことかというと、

例を交えて話をしましょう。

 

とある会社で東大生の新人が入ってきました。

 

その会社では、

できるといわれていた上司が、

その東大卒の新人の教育係になりました。

 

東大卒の新人は、

仕事の内容を早く自分のものにしようと努力し、

業務内の効率などを自ら考え、

積極的に意見もしようと毎日を過ごしていました。

 

ところがある日、

教育係の上司からこんなことを言われます。

 

『お前はどうしてこんなこともできないんだ!

今までの新人はこんなことは簡単にやっていたぞ!』

東大卒の新人は訳が分からず、

途方に暮れていました。

 

なぜ、東大卒の新人は叱咤されてしまったのか…

 

教育係の上司の叱咤した内容は、

今までの慣例通り、

自分の実践してきたことを忠実に再現して、

上司の思うとおりに見せる新人ばかりで、

自分の思っていた通りに動かない東大卒の新人は、

全くダメな『使えない』新人と思ってしまったからです。

 

東大卒の新人は、

いくらその会社ではできる上司と言えど、

無駄な作業はあると感じ、

自ら効率化する方法を考え、

実践し、検証して見せていたのです。

 

しかし、

会社内でできるといわれている上司は、

東大卒の新人のやっている内容に目もくれず、

自分のしていたことが正しいと思い込み、

東大外の新人のやっていることの方が無駄だと考え、

叱咤してしまいました。

 

確かに経験に裏打ちされた実績は素晴らしいと思います。

しかし、

どこかに改善できる見込みのある業務はあったはずです。

 

時に、経験が邪魔をして、

その内容が全く見えないくなることがあります。

 

その結果、

『使えない新人』のレッテルを張られ、

効率化の方法を考案していたその東大卒の新人は、

仕事を辞めてしまいました。

ここまでが例文です。

 

どうですか?

あなたはこの例文を読んでどう感じたでしょうか?

 

詳細を細かく書いたので、

わかりやすいと思いますが、

もし、その上司が自分だったら、

と考えてください。

 

教育係になっているにもかかわらず、

固定観念にとらわれ、

新人のやっている内容に目もくれず、

やっていることが自分のしてきたことと違うから、

叱咤する。

 

これこそが、

自分の脳が知識不足や固定観念の考え方しか、

持っていないからこそ起こる現象です。

 

これを情報商材やノウハウに当てはめて見ても全く同じです。

 

その情報やノウハウがいかに素晴らしく、

実践すれば確実に稼げる情報だとしても、

実践する人の脳が知識不足や固定観念にとらわれていると、

それが正しい情報として認識されません。

 

これこそが、

情報やノウハウがすべて悪いもの、

という悪評を招いてしまった原因でもあります。

 

実践する人が、

きちんと学んで、知識をつけて

実践すれば、

稼げていたかもしれません。

 

手に入れた情報は本当に稼げるものなのか、

実践して継続してみてからでないとわかりません。

 

知識がないから、

手に入れた情報を理解できないのです。

あなたはこの問題が解けますか?

算数でもそうですよね。

今では簡単な、この計算式。

*引用:分数の計算まとめ。分母が違う分数の足し算・引き算・掛け算・割り算のやり方

 

習っていなくて、知識がないときは、

どんな答えかわからない。

 

でもやり方がわかればわかりますよね。

 

どんなことでもこれと同じ。

すべてはこれから行う事を知っているか知らないか。

学ぼうとするかしないか。

それだけです。

 

知識があるかないかだけでも、

これだけの差が出てしまうという事を、

今回はお伝えしたかったのです。

 

まとめ

今回は少し厳しめにお伝えしてしまいましたが、

初めに情報商材やノウハウを買うのは無駄そのもの。

 

というのは、

知識がないがために、

『もったいない投資』

を行うのはやめましょう。

と言う事です。

 

プラスに考えれば、

いつか学んで知識を得れば、

その情報は無駄じゃない!

 

とも考えられますが、

そのころにはあなたは、

もっと違う方法で稼げる道が、

開けているかもしれません。

 

なので、

どんなに素晴らしい商材やノウハウがあっても、

一時、購入せずにおいておき、

冷静に自分の今の立ち位置を分析しましょう。

 

私が当初悩んでいた、

『何をしても稼げない』

という答えは、

『実践する項目の順序が間違っていたから』

に集約されていると思っています。

 

もう一度言いますが、

甘い文言で早とちりして、

商材やノウハウを購入しても、

あなたの脳が追い付いていない場合、

購入しても無駄になりますよ。

 

という事で、

今回はいかに知識がないことによる無駄な投資を防ぎ、

冷静に分析してあなた自身を守る選択をしてほしいという願いを込めて、

記事にしてみました。

 

少しでも、

役に立ったなら私としてもうれしいです。

 

次に、

正しい知識とは何か?

の記事を書いていこうと思います。

 

ではよかったら次の記事も読んでいただければ幸いです。

最新情報をチェックしよう!